スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラマサ・ベランスカレイ・アカエイを捌く

一昨日作ったさつま揚げが忘れられず、また作りたくなったのでスーパーへ魚を物色に行く。

嫁から生協でタラが16日に届くからタラ以外でという注文。

今日はたくさん種類があったけど、練り物になりそうな魚はタラ以外に見つからなかった。
でも、なんとキハダマグロとヒラマサが1匹丸々売られていた。
嫁が授乳中でマグロを控えているので、今回はヒラマサ(1匹580円)を購入。
あと干物用にベランスカレイ(6匹298円)と、さつま揚げにできるか分からないけどアカエイの切り身(269円)、それとエイ肝(108円)を購入。

授乳中ならマグロも買ってただろうな。
魚と合わせてフードプロセッサーも探したけどそれは見つからず。

帰宅後さっそく捌く。
まずはヒラマサから。

ヒラマサ(購入):2007/3/14

ヒラマサの捌き方は教科書には載っていないけど、パッと見たらブリとそっくりなのでブリを参考に捌く。

まずウロコを取る。
教科書ではすき引きすると書いていたけど、出刃包丁しか持ってないし、ヒラマサにしては小さめだからウロコ取りで取る。
続いて頭を落としハラワタを取る。
後はお腹を洗って二枚におろす。

ヒラマサの二枚おろし:2007/3/14

最後に腹骨をこそぎ切る。
骨のついてない側の皮をはぎ、サクにして今晩のおかずとして刺身にする。
骨のついている側は切り身にして冷凍庫へ。

ちなみにヒラマサとブリの違い(見分け方)を調べてみるとこんな感じだった。

ヒラマサ
・上アゴの上後端が丸い
・胸ビレより腹ビレの方が長い
・黄色い横縞に胸ビレがかかる

ブリ
・上アゴの上後端が角ばっている
・胸ビレと腹ビレの長さは同じくらい
・黄色い横縞に胸ビレがからない

将来の大物釣りのためにメモを残しておこう(笑)

次はベランスカレイ。

ベランスカレイ(購入):2007/3/14

これは干物用なので五枚におろすわけでもなく、ハラワタを取って漬け汁へ。
干物については別項にて。

最後はアカエイ。

アカエイ(購入):2007/3/14

インターネットで調べてみるとエイは練り物の原料となるらしい。
ということはさつま揚げにできるじゃん!
完璧。
さつま揚げについては別項にて。

まずヌルヌルを取るために塩でよくこすってから洗う。
続いて皮をむいていく。
ヒラマサやタイよりはむきにくい。
むきにくさとしては エイ > ヒラマサ > タイ > カワハギ といった感じ。

アカエイ皮いた後:2007/3/14

皮をむいた後は真ん中の骨みたいなものと身を分ける。
三枚おろしみたいな感じ?

あとはミンチにしてすり鉢へ。

エイ肝は捌くようなことは何もしてないのでこの項では書くことないや(笑)
料理については別項にて。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ad



オススメ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
釣果リスト(2014/1/12現在)
<Result of 2013>
CATCH MAX TOTAL

リリース

2006年の釣果 → Result of 2006
2007年の釣果 → Result of 2007
2008年の釣果 → Result of 2008
2009年の釣果 → Result of 2009
2010年の釣果 → Result of 2010
2011年の釣果 → Result of 2011
2012年の釣果 → Result of 2012
2013年の釣果 → Result of 2013
水槽の中(2014/1/19現在)
<60cm水槽>
魚種
オトシンクルス
4
カージナルテトラ
14
コリドラス・ジュリー
2
コリドラス・パレアトゥス
6
ベックフォルディ
7
マーブルハチェット
6
ラスボラ・エスペイ
6
レモンテトラ
7

<40cm水槽>
魚種
グッピー

<10cm水槽>
魚種
ベタ
1
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
人気記事ランキング
投票
無料アクセス解析
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。