スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かまぼこ

男の趣肴というHPでかまぼこの作り方を見てるときに嫁が発した「カマボコ作って~」という言葉からその気になる。

スーパーで原料となる魚を物色し、タイの切り身(見切り品)を購入する。
刺身用とかだと皮を剥がなくていいので楽チンかも。

買ってきたタイの切り身から骨と皮を取り、適当な大きさに切る、

かまぼこ(作成中):2008/12/6

氷水にさらしてかき混ぜた後、水気を絞る。
さらしやガーゼで水気を絞るらしいけど、料理に使えそうな物がどっちもなかったので、クッキングペーパーで絞った。

そして重さを量る。
これで調味料の量が決まるので正確に。

かまぼこ(作成中):2008/12/6

塩2%、小麦粉4~6%、水10~20%の分量ということなので、すり身が210gだから真ん中を取って、塩4.2g、小麦粉10.5g、水30ccとする。

これをフードプロセッサーですり身にする。

かまぼこ(作成中):2008/12/6

それを(たまたまあった)蒲鉾板に乗せる。

かまぼこ(作成中):2008/12/6

この状態で1時間ほど室温で置いておく。
この工程でかまぼこに弾力とつやが出るらしい。

・・・

1時間置いた後、20~30分程蒸す。

かまぼこ(作成中):2008/12/6

そして3分ほど氷水に入れて急冷する。
これで腐敗を防げるらしい。

かまぼこ(作成中):2008/12/6

最後にクッキングペーパーで水気を拭いて完成。

かまぼこ(完成):2008/12/6

さっそく食べる。

おー、めっちゃおいしい。
ボコボコしてるのも手作り感があっていいし、添加物なしのかまぼこだね。
また作ろうっと。

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ad



オススメ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
釣果リスト(2014/1/12現在)
<Result of 2013>
CATCH MAX TOTAL

リリース

2006年の釣果 → Result of 2006
2007年の釣果 → Result of 2007
2008年の釣果 → Result of 2008
2009年の釣果 → Result of 2009
2010年の釣果 → Result of 2010
2011年の釣果 → Result of 2011
2012年の釣果 → Result of 2012
2013年の釣果 → Result of 2013
水槽の中(2014/1/19現在)
<60cm水槽>
魚種
オトシンクルス
4
カージナルテトラ
14
コリドラス・ジュリー
2
コリドラス・パレアトゥス
6
ベックフォルディ
7
マーブルハチェット
6
ラスボラ・エスペイ
6
レモンテトラ
7

<40cm水槽>
魚種
グッピー

<10cm水槽>
魚種
ベタ
1
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
人気記事ランキング
投票
無料アクセス解析
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。