スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイタガレイ・アジを干す・メイタガレイ・アジの一夜干し

捌いたメイタガレイとアジを干物にするべく前回(だいぶ前だ(^^;)作った漬け汁に漬ける。
長いこと漬けてたからか、ニンニクの香りがよくしみている。

メイタガレイ・アジの干物作成中:2007/10/29

そして数時間漬け込んだ後、干し網で干す。

翌朝取り込むのが楽しみだ・・・と思っていたら、なんと深夜に会社でトラブル発生で緊急呼び出し(TT

嫁はうまくできてたよって言ってたけど、自分の目で出来上がりを見れなかったよ・・・○| ̄|_
まあ、そんなときもあるかな。
次回、次回っと。
スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

メイタガレイ・アジ・サゴシを捌く

今日は嫁が歯医者に行ってる間に子どもたちと一緒にスーパーへ魚を買いに行く。
鮮魚コーナーからメイタガレイ3匹250円X2、アジ5匹105円X2、サゴシ1匹398円を購入。

帰って捌く。
まずはメイタガレイから。

メイタガレイ(購入):2007/10/29

包丁の先でウロコを落とす。
後は裏返してヒレの所から切れ目を入れてハラワタを取り出す。
メイタガレイは干物にするので漬け汁へ。
干物については別項にて。

次はアジ。

アジ(購入):2007/10/29

10匹のうち3匹は晩ごはん用に刺身にして、残り7匹は干物用に開く。

刺身分は、ウロコと頭を落としてハラワタを取り、三枚に卸して皮を剥く。
中落ちをスプーンてこそぎ取って一緒に皿に取り分ける。

干物分も始めにゼイゴを取るけどハラワタを取るところまで同じで、後は開いて漬け汁に着ける。
アジの干物についても別項にて。

最後はサゴシ。

サゴシ(購入):2007/10/29

まな板にも乗り切らないなかなかの大物。
写真もはみ出してしまった・・・

包丁でウロコを取って頭を落とし、お腹を開いてハラワタを取り出しよく洗う。
後は二枚に卸して手頃なサイズに切って冷凍庫へ。

ほどなく嫁が帰宅し、サゴシは味噌漬けになる。

今日は結構捌いたなぁ。
魚を捌くと釣りに行きたくなってウズウズ。
次回の釣行が楽しみだ。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

カンパチを捌く

前回のタイムセールに気を良くしてまた繰り出す。
でも今日は自分は家で子どもの面倒をみてる間に嫁が買い物へ。
タイムセールの時間はすごい人だったらしい。

帰ってきた嫁が手にしていたのは・・・なんとカンパチ。

カンパチ(購入):2007/10/21

ということで今日はカンパチを捌く。
教科書は見ないで頑張る。

まずウロコ落としでウロコを取り、頭を落としてお腹を割きハラワタを取り出す。
刺身で食べるつもりなので三枚に卸す。

三枚に卸すときに左手のひら親指の付け根あたりを切ってしまった・・・
幸い傷は浅く少し血が出ただけでよかったけど気をつけなければ。

傷口をバンソウコウとサージカルテープで止めて、ビニール袋を被せて再開。
捌きにくいけど仕方がない。

滑らないようにと刃を自分に向けないように注意する。
当たり前だけど。

三枚に卸した後、皮を剥ごうとしてもビニール袋越しだからかキレイに剥げない。
何度も剥ぎ直したから仕上がりはイマイチ(笑)

結局半身を嫁と二人で刺身に、中落ちは子どもたちに、もう半身は冷凍庫へ。

次捌くときはケガに注意だな。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

タチウオ・ホウボウを捌く

今朝はせっかく釣りに出かけたのにほとんど釣れず、悔しいので夕方買い出しに行ったスーパーで物色する。

するとなかなか捌き心がくすぐられる魚たちがいる。
その中からタチウオ248円とホウボウ298円を選ぶ。
と、その時タイムサービスの声が。
どうやら3割引になるらしい。
ラッキー。

さて、帰宅後捌く。

タチウオから。

タチウオ(購入):2007/10/7

捌く前に測ってみると80cm。
タチウオも釣ってみたいなぁ。

まず頭を落としてお腹を割きハラワタを取る。
後はハラグロをキレイに洗って適当なサイズにぶつ切りで冷凍庫へ。
タチウオはウロコがないから楽チンだ。

次はホウボウ。

ホウボウ(購入):2007/10/7

以前は捌こうとしたらハラワタ取り出し済みだったので、始めから全部捌くのは今回が初めて。
とりあえず教科書のコチの項を参照しながら捌く。

まずウロコを取る。
コチと同じく細かいウロコ。

次は裏返して胸ビレから包丁を入れて一気に頭を落とす。
なかなか固い。

後はお腹を割いてハラワタを取り三枚に卸す。
中落ちはスプーンでこそぎ取る。

身は明日ムニエルになる予定で冷蔵庫へ、中落ちは子どもたち用のつくねに料理される。

去年だったか、垂水でホウボウを釣ったという写真を見たことがあるけど、ホウボウなんて釣れるんだろうか。
ちなみに新潟と佐渡の間にはホウボウがたくさんいるらしい。

今月は釣りに行けないし、また日曜のタイムセールに行ってこようかな。
またホウボウがあったら今度は絶品という刺身にしよう。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

うを日記(2007年17回目:泉佐野ドラム缶)

今日は泉佐野ドラム缶への釣行。

家を4時半に出発し、途中でアミエビとオキアミを購入し、5時頃現地に到着・・・したけどまだ真っ暗な中でも空いているスペースがないくらい満員。
しかたないのでテトラでと思ったけど、テトラも満員。
そんな中でもかろうじて入れそうなスペースを見つけて釣り開始。

泉佐野ドラム缶:2007/10/7

そんなに竿が出せないのでまずはウキ1本で。

エサへの食いつきがいいようで期待に胸が高鳴る。

そして本日の1匹目・・・と思ったらフグ。

その後もエサを取られるだけで針にはかからない時間が続いたところで周りにスペースができてきた。
ここでサビキの投入。
テトラの上なので投げサビキで。

何投目かでウキが沈み、巻き上げると3連チャンでイワシがかかっていた。

次は1匹、その次は4匹(針外すときに1匹落としてしまった)と続いたところで海にエサ袋を落としてしまった・・・○| ̄|_
かなりショック。

やる気をかなり失い、ウキ釣りに戻る。

ウキ釣りでは相変わらずエサだけ取られるが、カワハギが2匹だけかかる。
1匹は1cmくらいしかない子どもだったのでリリース。エサ取りの正体はコイツらだったようで。

結局それ以外は針にかからず納竿にする。

イワシ(12cm:泉佐野ドラム缶:2007/10/7)
イワシ

カワハギ(10cm:泉佐野ドラム缶:2007/10/7)
カワハギ

帰って捌く。
と言ってもイワシ6匹は頭とハラワタを取って開く。
これは嫁の手でフライに調理される。

カワハギはまず口を落として眉間?とアゴに切れ目を入れて皮を剥ぐ。
後は三枚に卸すとこれもイワシと一緒にフライにされる。

今回はボウズではなかったけど、前回に続いて寂しい釣果となってしまった。
次回の釣行はおそらく11月になるだろうけど和歌山へ行くことにしよう。

<INFO>
DATE: 2007/10/7
TIME: 5:30 - 9:00
PLACE: 泉佐野ドラム缶
TACKLE: サビキ、ウキ
BAIT: アミエビ、オキアミ
TIDE: 中潮
WEATHER: 晴れ
CATCH: イワシ6匹、カワハギ1匹

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

ad



オススメ
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
釣果リスト(2014/1/12現在)
<Result of 2013>
CATCH MAX TOTAL

リリース

2006年の釣果 → Result of 2006
2007年の釣果 → Result of 2007
2008年の釣果 → Result of 2008
2009年の釣果 → Result of 2009
2010年の釣果 → Result of 2010
2011年の釣果 → Result of 2011
2012年の釣果 → Result of 2012
2013年の釣果 → Result of 2013
水槽の中(2014/1/19現在)
<60cm水槽>
魚種
オトシンクルス
4
カージナルテトラ
14
コリドラス・ジュリー
2
コリドラス・パレアトゥス
6
ベックフォルディ
7
マーブルハチェット
6
ラスボラ・エスペイ
6
レモンテトラ
7

<40cm水槽>
魚種
グッピー

<10cm水槽>
魚種
ベタ
1
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
人気記事ランキング
投票
無料アクセス解析
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。