スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベランスカレイを干す・ベランスカレイの一夜干し

捌いたベランスカレイを漬け汁へ。

ベランスカレイの干物作成中:2007/3/25

いつもはタッパーで漬けてたけど、今日のはちょっと大きくて鍋を使った。

よく味がしみこむように2時間漬けて干し網へ。

20時間ほど干して取り入れる。
自分は外出していたので、取り入れたのは嫁。

さっそく晩ごはんて食べたら最高においしかった。
残りは冷凍庫で保存してまた後日。
スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

カツオ・ベランスカレイ・サワラを捌く

今日は昼から友人が遊びに来てくれて、帰りに駅まで送っていった後ふとスーパーにいい魚が入ってる予感がした。
嫁に買い物に行ってくるとTELすると、捌きたい魚と何か切り身も買ってきてとのこと。

勇んでスーパーへ行くと、なんとカツオが丸々1匹1,000で売っていた。
ちょっと値段が張るので迷ったけど、1匹だけよく太って身が厚そうなのがあったのでそれを購入。

あと、日曜の夕方だからかたくさんの魚が売られていて、カツオの他にベランスカレイ6匹398円とサワラの半身480円を購入。

家に帰って早速捌く。


まずはカツオ。

カツオ(購入):2007/3/25

測ってみると42cmもあった。
いつかはこんな大物釣ってみたいなぁ。

さて。
最初にウロコをすき引きする。
続いて胸ビレのところから包丁を入れてカマを落とす。

そして、カマを落としたところからお腹を割いてハラワタを出す。
あとはお腹を洗って3枚におろしサクにする。

カツオのサク:2007/3/25

できた4つのサクのうち、1つを夕食用に刺身にして、残りは適当な大きさにして冷凍する。

紡錘系の魚ならもう教科書なしで捌けるかな。


次はベランスガレイ。

ベランスカレイ(購入):2007/3/25

胸ビレ?の辺りに切れ目を入れてハラワタを取り出す。
ベランスカレイはハラワタが少ないので楽チンだ。

横に来た嫁が捌いてみたいというので教えてみた。
料理が好きなので魚も捌けるようになりたいらしい。
ベランスカレイはいつものように干物にする。
干物については別項にて。


最後はサワラ。

写真撮るの忘れた・・・○| ̄|_
半身なので適当な大きさに切って終わり。

後は嫁が味噌に漬けて味噌漬けにする。

だいぶ捌いたので、しばらく魚を買うのはお預けかな?

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

うを日記(2007年4回目:須磨海釣り公園)

今日は会社の同期と須磨海釣り公園への釣行。
夕方くらいから天気がくずれるそうなので午前中が勝負。

海釣り公園の開門に間に合うよう家を出発。
辺りはまだ真っ暗だけどもう寒くない。
春はもうすぐそこって感じがする。
電車に乗ると、さすが土曜日、こんな時間でもいっぱいだ。

途中で同期と合流し、海釣り公園へ到着。

売店でアオイソメとオキアミを購入すると、ガラガラ回して下さいとのこと。
自分はかなりくじ運悪いので同期に回してもらう。
すると、青い玉(何等か忘れた)が出てきて500円券をゲット。
その券でアミエビも購入。

釣り場を決めて早速釣り開始。

須磨海釣り公園:2007/3/24

同期がポケット魚探で状況を見てみると、中層あたりに魚がまあまあいるっぽくてテンションが上がる。

まずは投げ仕掛けをセッティングし、投入しようとしたところで、今日選んだ場所は投げ禁止だったことに気付く(^^;
仕方なくブラブラさせた反動で届くあたりに投入。
小チョイ投げ?(笑)

続いてウキを投入。
潮が流れていてどんどん沖へ出て行く。
元々はこの2本だけの予定だったけど、アミエビもゲットできたのでサビキも投入する。


・・
・・・

釣れない。
アタリもない。

投げを巻き上げるときに何度か何か釣れてるかも?と思うときがあったけど全部ヒトデ。
ヒトデのダブルもあった。

同期もアタリ無し。
テンション下がってきたところでサビキがピクピク反応する。
でもなかなか食いつかないので合わせてみるも空振り。
もう一度ピクピクするも針には掛かってくれない。

結局魚の食いつきがあったのはこの2回だけで、その後は反応なく、風が強くなり雨も降ってきたので残念だけど納竿にした。

<INFO>
DATE: 2007/3/24
TIME: 7:00 - 10:15
PLACE: 須磨海釣り公園
TACKLE: ウキ釣り、投げ、サビキ
BAIT: アオイソメ、オキアミ、アミエビ
TIDE: 中潮
WEATHER: 曇りのち雨
CATCH: ボウズ

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

イワシのさつま揚げ

捌いたイワシでさつま揚げを作る。

*** イワシのさつま揚げ ***<作り方(10つ)>
イワシと塩4g、砂糖8g、水20cc・片栗粉8gの水溶き片栗粉を混ぜてミンチ状にする。
早速購入したミニチョッパーを使う。

さつま揚げ:2007/3/19

すり鉢ですりつぶすのと比べたらも雲泥の差。
めっちゃ楽チン。

・頃合いを見て野菜を混ぜる。
→ 今回はニラ、ネギ、豆腐を使用。

さつま揚げ:2007/3/19

・よく混ぜて適当な大きさにまとめて形作る。

さつま揚げ:2007/3/19

・揚げる。

さつま揚げ:2007/3/19

・完成。

さつま揚げ:2007/3/19

<作ってみて>
見た目はさつま揚げというかハンバーグ(笑)
味はもちろんおいしかった。
でもイワシだとつみれのような味になるなぁ。

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

イワシを捌く

買ってきたミニチョッパーを早速使ってみたくて帰りにスーパーへ寄る。

さつま揚げにできそうな魚を物色するが、残念ながらイシモチもアカエイもタラも売っていなかった。
何かないかと鮮魚コーナーを見て回ると、半額シールが貼っていたイワシを発見する。
イワシならつみれになるからさつま揚げも作れるかなと思って4匹398円の半額を2パック(ややこしい(笑))を購入。

イワシ(購入):2007/3/19

結構大きなイワシだ。

どうやらウロコはすでに取ってあるようなので、まず頭を落としてハラワタを落とす。
切り落とした頭側から骨をつまんでそのまま指で身と分けていく。
ちょっと力がいるけど、イワシのような身が柔らかい魚はこうすれば簡単に骨が取れる。

捌いた後の身はさつま揚げへ。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

ミニチョッパーを買う

さつま揚げ作りにハマってきたけど、すり鉢ですりつぶすのがしんどくて何かいいのがないかと会社帰りにヨドバシカメラに寄る。

フードプロセッサーのコーナーを見てみるけど、いいなって思うサイズがなかったり、ミキサーとセットだったりで(既にミキサーは家にある)、なかなかこれと思うものがない。

今日は見つからないかなって思ったときに目に入ってきたのがこのミニチョッパーってやつ。


安いし大きさも適度かなってことで即買い決定。
しかもポイントで買えたので出費なし(笑)

これでさつま揚げ作りがだいぶ楽になるかな。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

ベランスカレイを干す・ベランスカレイの一夜干し

捌いたベランスカレイを漬け汁へ。

ベランスカレイの干物:2007/3/14

漬け汁は前回作って冷蔵庫へ保存しておいたものを使用。
写真を撮った後、上からキッチンペーパーを乗せて全体にしみこむようにする。

1時間ほど漬け込んでから取り出し、干し網で干す。

ベランスカレイの干物作成中:2007/3/15

20時間ほどで取り込む。

ベランスカレイの干物:2007/3/15

いい感じでできあがり。

2匹は晩ごはんで食し、残り4匹は冷凍庫へ。
干物はだんだんプロ級になってきたかも(笑)

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

アカエイの肝の味噌和え

買ったアカエイの肝をどう料理するか考える。

アカエイの肝(購入):2007/3/14

が、考えてもあまりひらめかないので、以前作った味噌和えにしてみる。

*** アカエイの肝の味噌和え ***
<作り方>
・適当な大きさに切る。
・ごま油をひいて焼く。
・ある程度焼きあがったらニンニク味噌を塗ってまた焼く。

<作ってみて>
嫁は食べないというので一人で食べる。
こぶし大くらいの大きさだったけど、まったりしていて一人で全部は食べ切れなかった。
以前の記憶とは違う味だった。
もっとおいしかったような気がするんだけどなぁ。
今回は失敗だったかな?

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

アカエイのさつま揚げ

捌いたアカエイでさつま揚げを作る。

*** アカエイのさつま揚げ ***<作り方(6つ)>
アカエイを三枚?におろしてミンチ状にしてすり鉢ですりつぶす。

さつま揚げ:2007/3/14

・頃合いを見て塩2g、砂糖4gを混ぜてすりつぶす。
→ 今回も塩を入れたら水分が出たのか重くなった。
・本当は片栗粉を入れるんだけど今回はすっかり忘れてしまった。
・頃合いを見て野菜を混ぜる。
→ 今回はニラ、キクラゲ、豆腐を使用。

さつま揚げ:2007/3/14

・嫁が後から持ってきたので、さらにレンコンと竹の子も追加する。
・よく混ぜて適当な大きさにまとめて形作る。

さつま揚げ:2007/3/14

・揚げる。

さつま揚げ:2007/3/14

・完成。

さつま揚げ:2007/3/14

<作ってみて>
味は結構おいしかった。
イシモチで作ったときと比べると、アカエイよりイシモチの方がペースト状になりやすかった。
揚げてるときにレンコンや竹の子がボロボロ取れた。
片栗粉を入れるのを忘れたせいだろうな。

とりあえずレシピに追加φ(..)っと。

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

ヒラマサ・ベランスカレイ・アカエイを捌く

一昨日作ったさつま揚げが忘れられず、また作りたくなったのでスーパーへ魚を物色に行く。

嫁から生協でタラが16日に届くからタラ以外でという注文。

今日はたくさん種類があったけど、練り物になりそうな魚はタラ以外に見つからなかった。
でも、なんとキハダマグロとヒラマサが1匹丸々売られていた。
嫁が授乳中でマグロを控えているので、今回はヒラマサ(1匹580円)を購入。
あと干物用にベランスカレイ(6匹298円)と、さつま揚げにできるか分からないけどアカエイの切り身(269円)、それとエイ肝(108円)を購入。

授乳中ならマグロも買ってただろうな。
魚と合わせてフードプロセッサーも探したけどそれは見つからず。

帰宅後さっそく捌く。
まずはヒラマサから。

ヒラマサ(購入):2007/3/14

ヒラマサの捌き方は教科書には載っていないけど、パッと見たらブリとそっくりなのでブリを参考に捌く。

まずウロコを取る。
教科書ではすき引きすると書いていたけど、出刃包丁しか持ってないし、ヒラマサにしては小さめだからウロコ取りで取る。
続いて頭を落としハラワタを取る。
後はお腹を洗って二枚におろす。

ヒラマサの二枚おろし:2007/3/14

最後に腹骨をこそぎ切る。
骨のついてない側の皮をはぎ、サクにして今晩のおかずとして刺身にする。
骨のついている側は切り身にして冷凍庫へ。

ちなみにヒラマサとブリの違い(見分け方)を調べてみるとこんな感じだった。

ヒラマサ
・上アゴの上後端が丸い
・胸ビレより腹ビレの方が長い
・黄色い横縞に胸ビレがかかる

ブリ
・上アゴの上後端が角ばっている
・胸ビレと腹ビレの長さは同じくらい
・黄色い横縞に胸ビレがからない

将来の大物釣りのためにメモを残しておこう(笑)

次はベランスカレイ。

ベランスカレイ(購入):2007/3/14

これは干物用なので五枚におろすわけでもなく、ハラワタを取って漬け汁へ。
干物については別項にて。

最後はアカエイ。

アカエイ(購入):2007/3/14

インターネットで調べてみるとエイは練り物の原料となるらしい。
ということはさつま揚げにできるじゃん!
完璧。
さつま揚げについては別項にて。

まずヌルヌルを取るために塩でよくこすってから洗う。
続いて皮をむいていく。
ヒラマサやタイよりはむきにくい。
むきにくさとしては エイ > ヒラマサ > タイ > カワハギ といった感じ。

アカエイ皮いた後:2007/3/14

皮をむいた後は真ん中の骨みたいなものと身を分ける。
三枚おろしみたいな感じ?

あとはミンチにしてすり鉢へ。

エイ肝は捌くようなことは何もしてないのでこの項では書くことないや(笑)
料理については別項にて。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

ad



オススメ
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
釣果リスト(2014/1/12現在)
<Result of 2013>
CATCH MAX TOTAL

リリース

2006年の釣果 → Result of 2006
2007年の釣果 → Result of 2007
2008年の釣果 → Result of 2008
2009年の釣果 → Result of 2009
2010年の釣果 → Result of 2010
2011年の釣果 → Result of 2011
2012年の釣果 → Result of 2012
2013年の釣果 → Result of 2013
水槽の中(2014/1/19現在)
<60cm水槽>
魚種
オトシンクルス
4
カージナルテトラ
14
コリドラス・ジュリー
2
コリドラス・パレアトゥス
6
ベックフォルディ
7
マーブルハチェット
6
ラスボラ・エスペイ
6
レモンテトラ
7

<40cm水槽>
魚種
グッピー

<10cm水槽>
魚種
ベタ
1
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
人気記事ランキング
投票
無料アクセス解析
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。