スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウマヅラを干す・ウマヅラの干物

釣ってきたウマヅラを捌く。

まずは口を落とす。
大きいのは硬いので出刃包丁に力を込めて。

その落とした口から背中とお腹に切れ目を入れて皮をめくる。
すごくきれいにむけるのがウマヅラを捌く醍醐味。
昔はこの皮をサンドペーパーに使ってたらしい。

あとはお腹を割いてハラワタを取り出しよく洗って頭を落とす。
落とした頭はいいダシが出るのでラップにくるんで冷凍庫へ。

三枚におろして漬け汁へ。
真ん中の骨のところも手ごろな大きさに切って漬け汁へ。

40分ほど漬けて、干すときにミリンを塗ってみた。
ミリンの効果はどんな感じか楽しみだ。

昼過ぎに干して、夕方確認する。
いい感じでできてる。
4時間で完成。
さすが夏だね。

この干物を焼いてみる。
干すときに塗ったミリンはあんまり効果なかったかも(笑)
でも漬け汁の味がしみこんでておいしい。

今日釣った分全部は食べきれないので余ったのは冷凍庫へ。

店で売ってるカワハギの干物の甘さはどうやったらつくのかなぁ。
今度はハチミツで試してみようかな。
スポンサーサイト

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

うを日記(2006年8回目:須磨海釣り公園)

前々からサバが釣りたいと思っていたので、今日は釣果報告も上がっている須磨海釣り公園へ。
ちょうど会社の上司からもらった招待券もあったのでそれを使って。

朝5時過ぎに家を出発し現地6時半到着。
第2釣台の西側だけが満員状態(笑)
混んでる中で釣るのはイヤなのでガラガラの東側へ。

サバを狙って来ているのでサビキとルアーを用意。
仕掛けを投入して気付いたけど、潮が川のように流れてる。
そりゃ西側だけ満員になりますわ(^^;

エサも流れていってしまって全然釣りにならないので、友人にメールしたりしてしばらく待ってみる。
その間もサビキとルアーは海中に入れっぱなし。
そうこうしてると、後ろ側で大きなチヌをゲットしてる人がいた。
あんなのがかかったらとてもじゃないけど今日の仕掛けでは持たないので、ルアーを引き上げてワームを付けたブラクリに変更(^^;

待っても潮の流れが止まらなさそうだったけど、アミエビ買ってしまってるしなんとかできないかなぁってサビキしてみると魚影を発見。
いいサイズのウマヅラだ。
ここでサバをあきらめてウマヅラ狙いのハゲ掛けに変更。

狙いを定めて引っ掛けようと頑張ってるとついにヒット!


釣り上げてみると結構デカイ。
サイズはかると32cm。
続けてもう1匹ゲット。
さっきのと比べるとやや小ぶりだったのでサイズは測らず。

それからしばらくかからなかったけど根気よく頑張ってるともう1匹ゲット。
最初に釣ったのより大きいかもとサイズ測ってみると34cm!

この後木くずが大量に流れてきたのとエサがなくなったのとで終了。

結局この3匹。
この3匹は干物にしたけどそれについてはまた別項にて。

片付けしてるときにサヨリの群れを発見。
もうちょっとエサが残っていれば・・・(笑)


<INFO>
DATE: 2006/06/29
TIME: 6:30 - 10:00
PLACE: 須磨海釣り公園
TACKLE: サビキ、ルアー、ブラクリ、ハゲ掛け
BAIT: アミエビ
TIDE: 中潮
WEATHER: 晴れ
CATCH: ウマヅラ3匹

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

スズメダイを干す・スズメダイの一夜干し

さっそく釣ってきた魚たちを捌く。
今回はその中でもスズメダイの干物にチャレンジ。

小さいのは全部リリースしてきたつもりだったけど、改めて見ると全部小さいな(笑)

まずはウロコを取る。
そして頭を落としてハラワタを取る。
三枚におろして、骨抜きで腹骨だけ取って漬け汁へ。
そのまま1時間漬けて干し網へ。

どんな干物になるのかなぁ。

翌朝出勤だったので嫁に取り入れておいてもらう。
いい感じに干せてたらしい。

早速晩ごはんにスズメダイの一夜干しの登場。
味はそこそこいけそうな感じだったけど、1時間漬けたからかちょっと塩辛い。
もっと短い時間でよかったな。

今度は気をつけよう。

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

うを日記(2006年7回目:大蔵海岸)

約1ヶ月ぶりに会社の同期と釣行。
今回は前から一度行ってみたいと思っていた大蔵海岸へ。

早速サビキを投入するとメバルとスズメダイが入れ食い。
釣る楽しみの他に食料調達に来ているので結構うれしい(笑)
スズメダイはあまり食べないようだけど我が家では食用。
福岡では「あぶってかも」という干物になるらしい。
とは言いつつも、スズメダイは捌くのが面倒なので小さいのはリリース。
結局持って帰ったのは10匹。
三枚におろして干物にしました。
これについてはまた別項にて。

隣で釣りはじめたおじさんがいきなりサバをあげてたので、同じようにルアーを投入するがヒットせず。
無念。

同期に大きなガシラと思われるアタリが何度もあり(全部バラシだったけど)、こっちもブラクリ投入。
でもかかったのは小さめガシラばっかり。
無念。

今のところ月に1回ペースで釣りに行ってるけれど、何がいちばん楽しいかっていうと、アジやイワシの入れ食いがいちばん楽しい。
なのでもう1ヶ月もすると大好きなシーズンになる。
その先取りって感じでめちゃめちゃ小さいアジが連続でかかった。
豆アジのこどもって感じで小指くらい。
入れ食いシーズンはもうすぐだ。

そろそろ終わりかなってときにサヨリが入れ食いに。
サヨリ仕掛けにした友人が5匹立て続けにあげてた。
彼は釣った魚はリリースなので、これは本日の夕食にといただきました(笑)

今回は久々に釣れて楽しかった。
次も楽しみだな。

<INFO>
DATE: 2006/06/11
TIME: 7:30 - 14:30
PLACE: 大蔵海岸
TACKLE: サビキ、ブラクリ、ルアー
BAIT: アミエビ、アオイソメ、オキアミ
TIDE: 大潮
WEATHER: 晴れ
CATCH: アジ2匹、ガシラ5匹、スズメダイ10匹、メバル12匹

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

ニギスを干す・ニギスの一夜干し

久々に干物を作ろうと物色してたらニギスという魚を発見。
初めて見た。
知らないものはとりあえず買ってしまおうということで、8匹227円さらに3割引で購入。

家で調べてみるとキスに似ているということが由来らしいが、どうやらキスの仲間ではなくサケに近いらしい。
水分が多いので干物にするといいらしい。

完璧(笑)

まずは包丁でウロコを取って頭を落とす。
背開きで開いてみる。
身が柔らかい。

次は腹開きで開いてみる。
こっちの方がうまくできる。
この部分はキスに似てる(笑)

半月前に使った漬け汁に約40分漬けてから干し網で干してみた。

朝いい感じだったら朝食に、まだまだだったらお昼くらいに嫁に取り入れといてもらおう。


翌朝、干したニギスをさっそく確認。
おー、いい感じにできてる。


晩ごはんにグリルで焼いていただく。
うまい!
安かったのにこんなおいしいなんて。

ただ漬け汁を使い切ってしまったので次回はまた作らないと・・・

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

カツオを捌く

今日は嫁から好きな魚を買ってきてという指令があったので、会社帰りにカツオとニギスを購入。
ニギスは干物にするので別項にて。

前回捌いたときよりも小ぶりな35cm580円。

まずはウロコをすき引きして頭を落とす。
そしてハラワタを取る。
あとは洗って3枚におろしてサクにしてラップにくるんで冷凍庫へ。

中骨についた中落ち肉はスプーンでこそぎとってお刺身でいただきました。

カツオを捌くのは2回目なので比較的手際よくできたかなーと自画自賛。

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

ad



オススメ
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
釣果リスト(2014/1/12現在)
<Result of 2013>
CATCH MAX TOTAL

リリース

2006年の釣果 → Result of 2006
2007年の釣果 → Result of 2007
2008年の釣果 → Result of 2008
2009年の釣果 → Result of 2009
2010年の釣果 → Result of 2010
2011年の釣果 → Result of 2011
2012年の釣果 → Result of 2012
2013年の釣果 → Result of 2013
水槽の中(2014/1/19現在)
<60cm水槽>
魚種
オトシンクルス
4
カージナルテトラ
14
コリドラス・ジュリー
2
コリドラス・パレアトゥス
6
ベックフォルディ
7
マーブルハチェット
6
ラスボラ・エスペイ
6
レモンテトラ
7

<40cm水槽>
魚種
グッピー

<10cm水槽>
魚種
ベタ
1
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
人気記事ランキング
投票
無料アクセス解析
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。